閉じる
  1. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  2. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  6. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  7. 空間デザインを独学で勉強する方法
  8. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
閉じる
  1. 空間デザイン資格ランキング
  2. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

天然スレートを活用したおしゃれインテリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
天然スレートを活用したおしゃれインテリア

阪神大震災以降、急速に多くなったのがスレート瓦です。日本瓦のような重厚さは無いが、軽くて家屋の耐震性が上がるからです。これらは工場で大量生産されて、化粧スレートと称されています。

さて、今回取り上げるのは天然スレートについてです。天然スレートとは粘板岩(ねんばんがん)から作られます。粘板岩は、太古の昔、泥岩(でいがん)や頁岩(けつがん)に大きな圧力が加わり、一定方向に剥がれやすくなった岩石です。

日本でも天然スレートは産出されます。宮城県石巻市雄勝町(おがつちょう)は今でも雄勝石(おかついし)で有名です。雄勝石は硬くて黒く、光沢があります。隣接した登米町(とよまちょう)でも採掘していたが今は閉山しています。

高価な天然スレートはなかなか使うとなると勇気が要りますが、それでも、カナダ、インド、スペインなど、海外からの輸入品もあり、建材として採用されています。筆者の住む熊本ではあまり目にしませんが、宮城県や岩手県などでは、天然スレートで葺かれた家も他県よりは多いと思います。

天然スレートの特徴

天然スレートは、採掘される国や地域、鉱床の状況によって色も様々のようです。そして、年月が経つと鉱物に含まれる成分が石の表面に現れてきます。インド産に多いのですが、鉄分が表面に浮いてきて、ところどころ黄色や茶褐色になってきます。色の変化があっても耐久性には何ら問題はありませんし、趣きが年々増してくるから不思議です。輸入国は不明ですが、淡い色が付いた落ち着いたグレーの石もあります。日本産は黒くて硬く、光沢があり、耐火性に優れています。天然スレートの一般的な特徴は、次のようになります。

利点

・天然石独特の重厚さと、美しさがある
・天然石ですから劣化することはありません
・時代を経ても、ますます趣が出てくる
・石ですから耐火性がある
・工業的に作れないので、一つとして同じものはない

欠点

・現場で加工したり、扱える職人さんが少ない
・天然石ゆえに高価、これを扱う職人さんの技術料も高い

天然スレートの主な用途

一番大量に使われるのが屋根葺きの材料に需要があります。もし、古い家を取り壊すとして、その家に天然スレートが使われていたとすれば、間違いなく再利用の貴重品になります。
話題になりますが、東京駅の復元改修工事の話です。創建当時の写真調査から45万枚以上の天然スレートが使われていたことが分かっています。それも宮城県雄勝町(おがつちょう)産です。工期との問題があったかも知れませんが、結局、新たに調達した雄勝町の天然スレートでは足りず、スペインからも輸入して,南北ド−ムと中央部分の目立つところに葺かれています。

屋根材に使われる前は、雄勝町産の粘板岩は硯(すずり)や学童用の石盤(せきばん)に使われていました。硯は室町時代から、石盤は明治6年(1873年)から戦前まで盛んに製造された経緯があり、海外にも輸出されていました。石盤は雄勝町の小学校では昭和30 年頃まで使用されていたようです。

見た目の高級感もあり、高級ホテルや料亭の敷石などにも使われています。お洒落な階段にも使われます。鉄分を含んだインド産のスレートは、錆びによる独特の模様によって汚れが目立ちにくく玄関に用いると喜ばれます。以前、神戸の街を歩いていた時、鱗のように葺いた屋根を見たことがあります。神戸の落ち着いた街並みに似合う、一味違う雰囲気をもっていました。

瓦以外にも食器としても人気の天然スレート

子供の頃から屋根瓦を見てきました。見たと言っても、脳裏にあるのは灰色の重たそうな日本瓦です。右を見ても左を見ても、日本の風景は灰色でした。もう一つ記憶にあるのが筆者の小学生の頃、学校は木造の校舎です。校庭にすこし大きめの楕円形をした池がありました。錦鯉が泳いでいました。池の中ほどが浮島になっていて、そこに小さな石灯篭のようなものと、黒い光沢のある厚い、石板が置かれていました。存在感のある重厚な石の板です。時々、そこに亀が登っていました。

思い出話を書きましたが、今思えば小学校の浮島にあった重厚な石は、天然のスレート板です。無造作に置いていましたが、バリッと剥いだような黒い平石でした。さて、今、周辺の家々を見ると、屋根のほとんどは化粧スレート板です。きれいでスマートですが、非の打ちどころのない優等生に思えてなりません。対峙するかのような天然スレートも味のある優等生です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. kukan

    普通のベッドと比較した場合のすのこベッドのメリット

  2. kukan

    インテリアにも活用できる薬箪笥主な用途

  3. ホウロウの特徴とメリットとデメリット

    ほうろうの特徴とメリットとデメリット

  4. kukan

    コンパーティブルベッドで狭い部屋でも快適に過ごす方法

  5. おしゃれな猫足アンティークのインテリア

    おしゃれなアンティーク感を楽しめるカブリオールレッグの家具

  6. kukan

    急な来客でも大丈夫!エキストラベッド活用術

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る