閉じる
  1. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  2. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  3. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  5. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 空間デザイン資格ランキング
  8. 空間デザインを独学で勉強する方法
閉じる
  1. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  2. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

普通のベッドと比較した場合のすのこベッドのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kukan

「スノコ」とは太い木の角材に、薄い木の板を直角になるように何枚も打ちつけたものをいい、そのスノコを利用して作られたベッドを「スノコベッド」といいます。

主な用途

主にベッドフレームの床板などがスノコになっていて、その上に布団やマットレスを敷いて横になり就寝します。スノコが折れ曲がり、布団ごと干すことができるスノコベッドもあります。梅雨時期のカビや冬の結露対策として、スノコベッドを使用し通気を良くすることによって、カビ防止の効果があるとされています。

スノコベッドの特徴

スノコとは薄い木の板に間隔があいているので、通気性が良くなり湿気がこもらず、布団やマットレスにカビが生じにくいというメリットがあります。スノコベッドにはスノコを床板として、脚の付いたベッドフレームになっているものや、脚のないマットタイプのスノコベッドなどがあります。スノコベッドの床板が持ち上がって山のような形になり、布団を載せたまま干すことができるものや、スノコベッドの脚にキャスターが付いていて、折りたたむことのできるスノコベッドなどもあります。

通常は布団を載せますが、マットレスを敷くことも可能です。スノコベッドの中には、マットレス専用のスノコベッドもあり、マットレスの重みに耐えられるように板が厚めで太くなっています。スノコの床板がロール状になっていて、使用しない時はコンパクトに収納できるタイプもあります。

デメリット

折れ曲がったり、折りたためるスノコベッドが多くなりますが、固定式のスノコベッドだとほこりが溜まりやすく、スノコの下を掃除しにくいこともあります。スノコの板の厚さや間隔によりますが、破損しやすいスノコベッドもあり注意が必要です。スノコベッドは湿気が溜まりにくく、カビ対策に良いとされていますが、過信しすぎて布団を敷きっぱなしにしていると、カビが生えることもあります。スノコベッドは安価な商品から高価な商品までさまざまですが、安価な商品ではまれにスノコベッドがきしむこともあります。

まとめ

人は寝ている間に汗をかき、その汗は布団に吸収されてしまいます。その湿気で布団や床にカビが生えてしまうこともあります。スノコベッドは通気性が良く、湿気がこもらないので、カビ対策にとても優れた商品です。

湿気に強いスノコベッドにはさまざまな材質があります。代表的なもので、桐・ひのき・杉・パイン材などがあります。桐は軽くて熱伝導率が低く湿気に強い材木ですが、変色しやすいというデメリットも。ひのきは強度が強く防腐性があり虫に強く湿気に強いという材木です。杉は安価で水分を多く含むことができることから、湿気を調節してくれる材木です。パイン材は日本では松にあたり、柔らかく木の香りが特徴的な材木です。このように、スノコベッドには材質によって特徴が違うので、効果や寝心地も変わってきます。どの材質も湿気に強い材木なので、布団の下にスノコベッドを敷くだけでカビ対策になります。

天然木のスノコベッドだけではなく、軽量樹脂製や吸収素材でできたスノコベッドも販売されており、万が一カビが生えても、拭きとれるというメリットがあります。床にマットタイプのスノコベッドを直に敷く場合は、フローリングに傷が付かないように、保護シートなどを貼っておくと安心です。カビ防止対策になるスノコベッドにはさまざまな種類があり、使う人の好みによって選ぶことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 天然スレートを活用したおしゃれインテリア

    天然スレートを活用したおしゃれインテリア

  2. kukan

    ウォーターベッドとジェルベッドのメリット・デメリット

  3. kukan

    急な来客でも大丈夫!エキストラベッド活用術

  4. 組み立てラックを活用したオリジナルインテリア

    組み立てて使えるラック家具のメリットとは

  5. ローボードを活用した広く見せるインテリア

    ローボードを活用した広く見せるインテリア術

  6. kukan

    ヘッドボードのおしゃれな有効活用術

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る