閉じる
  1. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  2. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  3. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  4. 空間デザイン資格ランキング
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  6. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  7. 空間デザインを独学で勉強する方法
  8. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

Pタイルの活用法とメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pタイルの活用法とメリットデメリット

Pタイル(ぴーたいる)とは塩化ビニル樹脂を主成分として成形されたプラスチックタイルのことをいいます。耐水性があり、摩耗に強いことからレストラン、学校の床材によく使われています。家庭では炊事場の床にも使われます。

タイルと言えば、厚みのある陶器質の材料が思い起こされます。この焼結させて作るタイルは、耐久性があって、ほとんど変質しないという利点がある一方で、弾力性がなく、滑りやすいという欠点があります。床材として使用する時は、あえて、滑り止めを付けるなどの表面処理が必要になり、工事コストも高くなります。

Pタイルは樹脂製品です。製法は塩化ビニル樹脂を主成分として、他にPタイルを固くしたり、柔らかくしたりする可塑剤(かそざい)、変質を防ぐ安定剤を配合してタイル状に成形します。Pタイルの特徴は、塩化ビニル樹脂の含有量を増やすことで強度や耐摩耗性が上がります。価格も焼結タイルよりも安いという優れものです。

Pタイルの特徴

日本興業標準調査会(Japanese Industrial Standards Committee:JISC)では、Pタイルはビニル床タイルに分類されます。JISでは、バインダー(ビニル樹脂,可塑剤,安定剤)の含有量によってビニル床タイルをさらに細かく分けられています。Pタイルは塩化ビニル樹脂、可塑剤、安定剤、充填剤などいろんな成分で構成されますが、バインダーの含有率30%以上がホモジニアスビニル床タイル,30%未満のものがコンポジシションビニル床タイルとして分類されます。

コンポジシションビニル床タイルはさらに、半硬質と軟質に分けられます。話は細かくなりますが、2016年3月22日に規格の一部が改訂され、ホモジニアスビニル床タイルは単層ビニル床タイルと複層ビニル床タイルに分けられました。ここでは、今まで親しまれた名称に敬意を表してホモジニアスビニル床タイルのまま説明を続けます。それぞれの特徴は以下の通りです。

ホモジニアスビニル床タイル

・住宅に多く使われている
・色彩が鮮明で意匠性に富む
・耐摩耗性、耐薬品性、耐アルカリ性がある
・タバコの火などに弱い
・熱膨張率が大きく、伸縮性が大きい

半硬質コンポジションビニル床タイル

・事務所などのビルに多く使われている
・価格が安価である
・寸法安定性に優れる(伸縮性が小さい)
・耐荷重性が大きい
・タバコの火などに強い
・割れやすい
・滑りやすい
・ホモジニアスビニル床タイルより耐摩耗性に劣る

軟質コンポジションビニル床タイル

・半硬質コンポジションビニル床タイルに比べて少し軟質
・半硬質コンポジションビニル床タイルより歩行性、意匠性、耐摩耗性が良い

Pタイルの手入れ方法

Pタイルは水にも強く、耐薬品性もあります。タバコの火で焦げていたり、きついシミがないようであれば掃除機をかけて、雑巾掛けすればきれいになります。汚れの落ちにくいところは普通の洗剤を使っても大丈夫です。

Pタイルはワックスをかけると、綺麗な光沢がでて、床が輝きます。年数が経ち、ワックスの塗り重ねで汚くなってきたら、ポリッシャーをかけ剥離し、また一からワックスをかければ綺麗な状態に戻ります。傷などが多くついてしまったら、部分張替えで対応します。

色や質感が豊富で希望の空間を演出

古くから使用されている焼結タイルは、耐久性があって変質しないことから外壁などに重宝されています。Pタイルは湿度や温度が季節で大きく変わる外部環境の使用には適していません。しかし、Pタイルは家やビルの内装材としては、焼結タイルをはるかに凌ぐ優位性を発揮しています。

何と言っても、裁断や貼り付けの簡便さ、色彩の豊富さなど、内装材としては素晴らしい特質です。Pタイルの出現によって、床はカラフルでお洒落になりました。それに加工性に優れているため、工期も一段と短縮できるようになりました。製造メーカーもタジマ,東リ,タキロン,サンゲツなどの一流どころが、開発に凌ぎを削っています。それぞれに特色ある商品がありますから、お使いになる時は、じっくり調査されることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. kukan

    ヘッドボードのおしゃれな有効活用術

  2. カップボードのインテリア

    カップボードの使い方とインテリア活用術

  3. 建材のフラッシュ構造の利点

    フラッシュ構造とは?建材としての用途と利点

  4. キャビネットの使い方

    キャビネットの種類とインテリアでの活用ポイント

  5. おしゃれな猫足アンティークのインテリア

    おしゃれなアンティーク感を楽しめるカブリオールレッグの家具

  6. kukan

    まるでお姫様!天蓋付きキャノピーベッドのインテリア術

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る