閉じる
  1. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. 空間デザインを独学で勉強する方法
  4. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  5. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  6. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  7. 空間デザイン資格ランキング
  8. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
閉じる
  1. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  2. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  3. 空間デザイン資格ランキング
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
空間デザインの資格を取って活かせる仕事

空間デザインや空間演出などの職業は人気があるだけでなく、自分の美的感覚やセンスが問われるやりがいのある仕事です。
しかし、実際にはどのような現場で使うものか、どんな職業に就けばできるのかわからないものです。

空間デザインが必要な職業

空間デザインのスキルを活かす職業は多岐にわたります。様々な分野、様々な業界を見て、自分のやりたい仕事を探すといいでしょう。

実際に、どのような仕事で活かすことができるのか、いくつかご紹介いたします。

住宅関係

空間演出と聞いてまず思い浮かべるのはハウスメーカーなどの住宅関係の職業です。住宅の設計やリフォーム、内装など総合的な提案ができます。クライアントの要望をしっかりと聞いてニーズに合わせた提案を行うことができるスキルも必要になってきます。クライアントのイメージをくみ取ってそれを形にし、空間を作り上げていきます。もちろんそのためには知識と経験、スキルが必須になります。

設計の知識とスキルはもちろん、パースソフトや照明、インテリアコーディネート、カラーコーディネートなど非常に多くの知識を身に着ける必要があります。

販売関係

インテリア関係の職業だけでなく、販売関連の職業でも空間演出の技能は必要になります。例えば、服屋さんの商品のディスプレイなどです。コーディネートはもちろん、商品を手に取ってもらいやすいように魅力的にディスプレイしたり、思わず買いたくなるように見せる必要があります。そのためには、空間ディスプレイ、空間デザインのスキルが必要になります。
空間演出関係の職業は経験を重視するところも多いので、そういった意味で販売職はある程度入門としてはおすすめの仕事です。

リフォーム関連

リフォーム関連業でも空間デザインのスキルは重要になってきます。住宅の場合は設計の部分から理解しておく必要があり、より幅広い仕事ができる可能性があります。クライアントの要望だけでなく、リフォームした後の生活や環境の変化も考慮に入れた設計・デザインを行う必要があります。
また、住宅だけでなく店舗や企業でもリフォームに対する需要が高まっています。バリアフリーやユニバーサルデザインなどにリフォームするところが多くあるためです。

設計・デザイン関連

設計事務所などでも空間ディスプレイのスキルは必須です。
この場合はデザインスキルだけでなく、設計や建築、内装などの総合的な知識が必要になります。CADやパースなども合わせて習得しておくとより有利になります。
デザイン関連であれば、ライブ会場や展示会の会場演出などの仕事も考えられます。この場合は音響、照明、映像技術、コーディネート技術などの実践的なものも求められます。

空間ディスプレイに関して持っておくといい資格は?

インテリア、空間演出関連の資格は多くありますが、どのような資格を持っておくと便利なのでしょうか。
もちろん現場では実践的な即戦力が求められますが、まずは腕だめしやアピールポイントとして資格を取得しておくととっかかりになりやすいのも事実です。

インテリアコーディネーター

インテリア関連の職業の求人要綱にも乗ることの多いインテリアコーディネーターは少し難易度が高めの資格です。インテリア産業協会主催の資格で、1次試験と2次試験があります。

受験料は1次2次で各13000円程度で、併願や別受験も可能です。受験申請は毎年7月から8月ごろにインテリア産業協会ホームページより行うことが可能です。

難しい試験ですが自分のスキルを証明するために挑戦してみるのもいいでしょう。

インテリアプランナー

インテリアコーディネーターに比べるとやや建築面に特化した資格です。プログラミング、デザイン、マネジメント、施工管理、コンサルティングなど幅広い知識が必要な資格になります。

建築、設計関係でのデザイナーを目指す人に向いた資格といえます。

空間ディスプレイデザイナー

売り場の陳列方法、照明の技法、色彩などの知識、技術を証明する資格です。他のインテリアや空間演出関連の資格に比べると、在宅受験で独学でも合格可能な範囲のため、これから空間デザイン方面に進むことを考えている人の入り口として挑戦をお勧めします。

1級、2級があり自分のレベルに合わせて受験が可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. kukan

    おしゃれな売り場を演出できる「IKEAスタイル」

  2. kukan

    キッズスタイルで、店内をコーディネート

  3. kukan

    空間デザインとは

  4. kukan

    人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!

  5. kukan

    空間デザイン資格ランキング

  6. kukan

    日本安全食料料理協会の口コミと評判について

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る