閉じる
  1. 空間デザイン資格ランキング
  2. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  3. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  4. 空間デザインを独学で勉強する方法
  5. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  6. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  7. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  8. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  4. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

南のリビングに最適な風水インテリアとカーテンの選び方のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリアの中心的な場所になるのは、やはりリビングですよね。家族の集まる場所でもあり、くつろぎのスペース。また、一日の中で、長く過ごす場所でもあります。

そんな、リビングスペースは、インテリアにもこだわりたいですね。多くの方は、インテリアを考えるときに、まずは、リビングスペースをどんな空間にするか、思い描くものでしょう。

さて、風水でも、リビング風水は、家庭の運気を左右するため、重要にとらえられています。リビングは、あくまでも、落ち着ける空間である事を意識してインテリアを行うようにするのが、運気アップの秘訣です。

さて、中でも、間取りに多い「南のリビング」では、どのような、風水を活かしたインテリアにすれば良いでしょうか?

南のリビングの運気

家の中心から見て、リビングが、南側にあるものを「南のリビング」とします。この場所にリビングがあると、太陽の通り道であり、日当たりがよく、明るい空間になるため、多く見られる間取りです。風水では、大変縁起の良い間取りともされています。

例えば、「感がさえる」「会話がはずむ」「家族中がよくなる」など。

そんな、大吉の南のリビングですが、間違った風水をすると、運気は下がり、家族がバラバラになったり、自己中心的になったりしてしまうので、注意が必要です。

南のリビングに良いカラー

南は「陽の気」が強い方位です。ですから、陽の気をつかさどるカラーを取り入れながらも、その気を強すぎるものにならないように抑えるカラーをメインカラーとしなければなりません。陽の気が強すぎると、気が強くなりすぎてしまったり、イライラしがちになったり、積極性が出すぎて、家庭がおろそかになってしまうことがあります。

なので、全体的なメインカラーは、それらを抑えるように、ベージュなどの落ち着いたカラーを使うようにしましょう。原色の赤や、青などをカーテンや、ラグなどで大きく使うのはNGです。

また、サブカラーとしては、グリーンをおすすめします。グリーンと言っても、優しい風合いの物や、黄緑といった原色ではないグリーンを選びましょう。

また、南の「火の気」を活かし、赤や、オレンジ、ピンクなどを取り入れるのも良いですが、あまり多用しないように、ポイント的に使うのがおすすめです。反対に、NGなカラーは、黒や、グレーです。火の気を消してしまうマイナス効果が表れ、やる気を損なってしまいます。

南のリビングの運気を上げるには

さて、南のリビングに相性のよいインテリアとはどのようなものでしょうか?

南には、「葉」を意識した、リーフがらや、「海」を思わせるインテリアなどおすすめです。例えば、柔らかな、ブルーのカーテンを使ったり、ブルークリスタルや、白の置物などで、さわやかなマリンスタイルにするのもおしゃれです。また、「葉」を意識して、リーフがらのレースのカーテンに、土台が木製のソファ、ポイントになるクッションカバーや、テーブルの上のセンターマットや、チェスト上のマットに、淡いグリーンを使い草原をイメージしたリビングもおしゃれですね。

また、ぴかぴか光るものも、より、感の働きをアップするため、くじ運や直観力が冴える効果もあります。

ただ、海を意識するのが良いといっても、ここは、「火の気」を持つ場所。これを消してしまうような水槽や、花瓶などの水が入ったインテリアグッズを置くのはやめましょう。

注意してほしいのが、カーテン。最近は遮光カーテンが人気ですが、できればリビングは遮光カーテンは避けたいもの。ですが、どうしても遮光が良い場合は、朝には、しっかりと窓を開け、日の光を取り入れるようにしてくださいね!

リビングに最適なカーテンの選び方

リビングは、家族だんらんの場所。風水では家庭円満のポイントとなる場所です。やはり、そんなリビングは、開放的で明るい場所であってほしいですね。

日本の住宅は、採光を考慮し、リビングの方位を東から南向きにしてある事が多いです。やはり、環境学をもとにした風水でも、この向きのリビングは良いとされています。さて、この方位にかかわらず、リビングの運気を上げる方法はいくつもあります。

では、このいくつもある方法の中から、風水インテリアを考慮した、リビングのカーテンに焦点を当ててみましょう。

リビングカーテンの選び方

リビングは、家族が集う場所である事と同時に、くつろぎのスペースである事が大切です。落ち着ける場所でないといけません。さらに、人間関係が円滑にいくように陽の気をたくさん取り入れた、明るい場所である事が大切です。

そんなリビングのカーテンが、個性的すぎる柄や色合いだといかがでしょうか?一見、個性的でおしゃれなリビングとなりますが、これは、落ち着いてくつろげるリビングとはかけ離れたものになってしまいます。ですから、リビングのカーテンは、あまり主張の強くないものを選んだ方が良いでしょう。

また、雰囲気やカラーは、ソファやラグと共通性があるようなものをチョイスするのがおすすめです。インテリア全体がすっきりと見えて、センス良さを感じさせることができます。また、主張は強くなくても、黒やグレーなどの暗く重いイメージのするものは避けましょう。あくまでも、くつろげる空間を意識してください。

また、寝室などに光を遮る遮光カーテンを使っても、リビングのカーテンは遮光でないものが良いでしょう。完全に光をシャットアウトしてしまうのではなく、カーテンを閉めていても日が昇ったことに気が付けるカーテンを選び、光をいち早く取り込み、陽の気を呼び込みましょう。こうする事で、暖かでにぎやかなリビングになり、家庭の運気が上昇します。

方位に合わせたリビングカーテンのカラー

さて、主張しすぎないカラーというと、どんな色を選びますか?種類も多く悩みますよね。そこで、方位に合わせたカラーをカーテンに使い、さらなる運気アップを図りましょう。

まず、南方位のリビングの場合は、白やベージュの家具を使い、グリーンや優しいブルー系のカーテンを掛ける事がおすすめです。柄もリーフ柄など、自然をさりげなく感じさせるようなものをチョイスし、家族の団結力をアップしましょう。

南東にリビングがある場合は、若葉をイメージするような、優しくもくすんでいないグリーンや、暖かなオレンジ色がおすすめ。新しい気を取り入れ、家全体にその気を送り込んでくれます。

東のリビングは、赤色がメインカラーですが、カーテン全体に使うと主張が強すぎるため、赤を選ぶ場合は、慎重に。また、白やピンクもラッキーカラーです。

北東にリビングがある場合は、注意が必要です。落ち着いた、アイボリーや白色をメインに、ポイントで赤色の入ったカーテンを選びます。

北にリビングがある場合は、温かみのあるカラーで冷えをカバーします。ベージュやアイボリーなどおすすめです。また、優しいピンク色もおすすめです。

北西には、ベージュや白地に金色の刺繍や柄など高級感と落ち着きを感じられるものを選びましょう。金運がアップしますよ。

最後に、西のリビングは、やはりおすすめは黄色ですね。他には、ピンクも相性が良いでしょう。西は光るものが好きなので、金色の刺繍のあるレースのカーテンと合わせるなど工夫をしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 空間に使う間接照明のメリット

  2. 使える流木のポイントは水へ沈むこと

  3. kukan

    インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方

  4. kukan

    読書好きにはピッタリの「本棚」の数々をご紹介

  5. 和モダンな和室の取り入れ方

    和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント

  6. kukan

    線と線を交えた「ワイヤーバスケット」を使って、スッキリとした空間…

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る