風水インテリアで商売繁盛を狙う方法

オイルフィニッシュのインテリア

商売をしている人であれば、少しでも多くのお客さんに来てもらい、お金が儲かるようにしたいと考えることでしょう。店舗を構えている場合、ここに風水を取り入れることで運気を味方につけることができるかもしれません。また風水を実践していると運だけでなく、実際に印象を良く見せることもできます。ぜひここでの知識を活かしてインテリアの配置を工夫してみましょう。

風水を実践していると見栄えが良くなる理由

風水では方位や、インテリアそのものが意味を持ち、適切な配置をすることで運気の上昇に繋がります。しかし全ての基礎には掃除があります。ゴミを捨て、散らかった状態を解消することで運気に繋がる「気」の流れを良くすることになります。そのため、風水に配慮したインテリアコーディネートをしていれば店舗内をキレイに保つことにもなります。さらに風水では玄関の重要度が高く最初に着手すべき場所と言われています。お客さんが店に訪れた際、入り口がキレイな状態だと第一印象も良くなることでしょう。

玄関・入り口で実践すべきポイント

まずはやはり掃除をすることが大切です。気の出入り口となる場所なので流れを良くしておく必要があります。また、玄関の方角にも意味があります。業種によっておすすめの方角が異なり、例えば飲食業などは西向きの玄関が良いとされています。北向きの玄関は財運を高めることができ商売繁盛にも繋がります。女性向けの職業であれば南西向きが良いでしょう。

お金の回転を良くする風水

お金の回転、金運を上げるための方法がいくつかあります。例えば日当たりの良い場所に通帳やお金を置かないようにすることで浪費を抑えることができます。しかしお金の回転を上げるためには入り口付近にお金を保管するのが良いとされています。レジを使っている店舗であればこれを店の入り口付近に設置するとお客さんが入ってくるようになりお金の回転が上げられるでしょう。逆に店の奥の方にお金を保管していると回転が悪くなってしまうと言われています。

配置に注意したいもの

鏡はかつて神聖なものとして扱われていました。風水でも特別な意味を持ち、悪い気が入ってくる方向に向けることで邪気を跳ね返すことができます。しかし入り口の正面に鏡を置いてしまうと良い気も跳ね返してしまい、結果としてお客さんの出入りを悪くしてしまいます。

花はカラーバリエーションも豊富で色んな使い方ができます。基本的に良い運気を運んでくれるアイテムですが、管理には注意しましょう。枯れたままいつまでも放置していると周りの気をよどませる原因となり運気が下がってしまいます。水も定期的に入れ替えて清潔な状態を保つようにしましょう。

効果的な方角への配置、色の選択で商売の繁盛を目指そう

風水は奥が深く、ここで紹介したこと以外にも実践できることが多数あります。インテリアの種類や色によっても効果が異なり、配置する方角によって運気の内容が変わることもあります。掃除を基礎とするため、商売をしている人がまずできることは店舗をキレイにすることです。玄関を重点的に、そしてフロアの床にも余計なものがないようにしてスッキリとした空間にしましょう。