閉じる
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  3. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  4. 空間デザイン資格ランキング
  5. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  6. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  7. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  8. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
閉じる
  1. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方…
  2. 空間デザイン資格ランキング
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

鬼門の北東対策と陽の気を取り入れるための風水インテリアのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風水では北東=鬼門で注意すべき場所

鬼門と言われている北東。この方位は、悪い気の通り道と言われており、家庭の中でも最も注意すべき場所です。ただ、鬼門だからと、言っても、どの家庭にも北東はありますし、北東のすべてが悪いというわけではありません。ですが、鬼門と言われる北東の悪い気は抑え、北東の持つパワーを上げていく必要があります。

風水において、北東は、土の気を持つ方位とされています。この、北東が、プラスに動き出すことで、意欲がわき、人生も、プラスに動き出すといわれています。

また、恋愛運においても重要な場所で素敵な出会いを求める方には重要な方位となります。この方位の運気を高めることで、仕事にも意欲がわき、向上心がつき、良縁が訪れるといわれています。

では、北東の運気を高めるインテリアとはどのようなものでしょうか?

北東に最適なカラー

風水では、それぞれの方位にあったカラーがあります。それは、その方位の持つ、「気」を高め、運気を上げてくれるものです。

北東方位は変化の方位で、この北東の運気が乱れると、悪い変化につながり、それが、様々な事に影響してきます。ですので、この方位のカラーは、とても大切なものになってきます。

まずは、全体的に使うカラーに、優しく清潔な白色をチョイスします。北東方位を白色にまとめることで、運気が安定します。また、黄色や茶色も、おすすめです。

また、サブカラーとしては、運気を活性化させる赤を選びます。これは、あくまでもサブカラーで、北東にある部屋全体を赤い印象でまとめるのはお勧めできません。例えば、クッションであったり、小物で赤をプラスする事です。

北東方位の部屋別おすすめインテリア

北東に、玄関がある場合には、ここに、自然のパワーをより取り入れる事の出来るものを置きましょう。例えば、花の絵や、実際の植物であれば、実のなる木などです。

北東の玄関は、良い気を呼び込むのに最適な方位。北東の持つ土の気をより高めるインテリアをおすすめします。

また、この方位にリビングがある場合には、全体は白を基調にし、赤い小物で、活気をあたえましょう。家庭運が活気あるものに変化していきます。家具は、落ち着いて、どっしりとした、木製の物がおすすめです。

また、キッチンの場合は、整理整頓に特に気を付けましょう。水の気が強い場所なので、ごちゃごちゃしていると、土の気の持つ運気が流されていってしまいます。

また、トイレや、浴室、洗面所といった水回りも、特に掃除、収納が大切になってきます。水垢は、きちんと落とし、白を基調とした、清潔感のある空間を保ちましょう。

主寝室がある場合は、ここも同じく白で統一させます。特に、大切な、ベッドカバーなどには、白や、ベージュ、アイボリーなどの優しい色合いにすることで、睡眠中も北東の良い気をぐんぐん吸収することができます。

北東方位に置くおすすめインテリアグッズ

やはり、北東の悪い気を収めるのには邪気を吸い取ってくれる観葉植物を置くのがベストです。土の気を持つ北東のパワーを高め、流れてくる悪い気をしっかりと吸い取ってくれます。

また、インテリアグッズではありませんが、通帳などの財産を北東の高級な家具の中に収めておくのもおすすめです。出費を防ぎ、入ってきたお金が流れていくのを防いでくれます。

もし、この位置に部屋があれば、主人の寝室とし、白を基調とした部屋に、高級な木製の家具を置き、その中に、通帳を収めていれば、家庭が安泰となります。

北東にあったインテリアで、運気アップを目指しましょう。

出窓があると運気を取り入れやすい

出窓は、おしゃれな印象で憧れでもありますね。出窓に差し込む光を、白いレースのカーテンで柔らかく遮り、そこに観葉植物や、花を飾れば素敵な出窓インテリアの完成です。インテリアにおいて、見た目の印象は大切ですよね。しかし、そんなおしゃれな出窓も、風水では家相を悪くするとも言われています。

では、実際はどうでしょうか?さらに、すでに出窓がある家では、どのように風水をしていけばよいのでしょうか?

出窓が与える風水効果

出窓は、「出窓」というだけあって、建物の構造上、外に、出たような作りになっていますね。これは、言い換えると、出窓がある家には、でこぼこがある。ということになります。風水では、建物は、できる限り、直線である事が良しとされていて、へこみや張り出している部分があるのを良しとしていません。これは、建物全体を人生とみなし、そこに住む人の人生が張りやへこみがあるようにでこぼこしてしまうからという理由だそうです。ですから、「憧れの出窓」なんて方も多いでしょうが、これから新たに家を賃貸する方は出窓がある家を選ぶのはお勧めできません。

ですが、やはり、出窓は、明かりを取り入れるのにもよく、少し張り出している分だけ、部屋を広く見せる効果もあります。実際、風水的に悪いといわれていても、見た目だけでなく、生活するうえでの構造上としては素敵ですよね。

どうしても、出窓が好きな方、また、すでに出窓がある家に住んでいる方には、これをカバーする方法はないのでしょうか?

風水は陰と陽のバランスが大切

ご安心ください。風水には、「陰」と「陽」を整える手段があります。

風水は、すべて、「気のバランスが整っているのか。」を基準に「気」の流れを考えます。ですから、すでに、そこに家相として良くない張り出した部分があるのであれば、それをカバーする風水を施し、「陰」と「陽」のバランスを整えればよいのです。

すでに、出窓は、張り出しているものの、そこから、明かりが取り込みやすい構造になっているはずです。ですから、それだけで、「陽」の気をすでに取り入れていることになるのです。

おしゃれインテリアで陽の気を取り込む

では、他の方法で、もう少し「陽」の気を取り込みながら、さらにインテリアをおしゃれにする方法はないでしょうか?

まずは、出窓は、光が「陽」取り込むので、ここからの採光を妨げる事の無いように、カーテンは、必ず開けるようにしましょう。レースのカーテンと共に、おしゃれなカーテンを2重構造で楽しんでいる方も多いと思いますが、できるだけ、厚いカーテンは日中には開けて、しっかりと太陽の明かりを取り込んでください。さらに、出窓は、張り出している部分には、インテリアグッズを飾れるようにできています。ここには、是非、良いものをディスプレイし、インテリアを楽しみながら、「陽」の気をプラスしていきましょう。

やはり、そこに、おすすめなのが、観葉植物です。日当たりも良く、観葉植物の成長にも最適な場所ですね。ここに、ポトスなどの観葉植物を置いて、つるを少し伸ばしグリーンの癒しを楽しんでみてはいかがでしょうか?観葉植物は、邪気を吸い取ってくれますし、見た目にも美しくおすすめです。太陽の光を感じながら、決してからすことの無いようにお世話をしてくださいね。

また、方位にあったカラーのマットなどを敷き、ディスプレイ空間を整えるのもおすすめです。ぜひ、素敵な出窓インテリアを楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 塩ビシートを使ったリノベーション方法

    塩ビシートを使って手軽にイメージを変えるリノベーション術

  2. 花のある暮らしのインテリアコーディネートおすすめアイデア3選

  3. 一時的に増えるものに備えたスペースを持っておく

  4. 唐木家具の修理と手入れ方法

    DIY初心者におすすめアイテムがそろうショップとイメージする方法…

  5. 吊るしてみる楽しさとアイデアインテリアコーディネート術 

  6. 夫婦仲も順調に!ハートモチーフを使った恋愛運アップインテリア

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  4. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  5. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取って活かせる仕事
  3. ベッドの大きさ別のサイズ表
  4. kukan
  5. kukan
  6. kukan
  7. 和モダンな和室の取り入れ方
  8. リノベーションでの照明の選び方
  9. kukan
  10. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザインの資格を取ったら活かせる職業は?
  3. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  4. 作業スペースが、しっかりと確保された「デスクスタイル」
  5. インテリアにおすすめのおしゃれ観葉植物7選と選び方
  6. 魅力ある機能性を備えた「照明デザイン」
  7. 和室のインテリア術と畳を使ったコーディネートのポイント
  8. リノベーション・リフォームのポイント!照明と外壁素材におすすめの選び方!
  9. 人気の空間ディスプレイデザイナーの資格の口コミと評判!
  10. 空間デザイン資格ランキング
ページ上部へ戻る