閉じる
  1. 空間デザイン資格の徹底比較!
  2. 空間デザインを独学で勉強する方法
閉じる
  1. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  2. 空間デザイン資格の徹底比較!
閉じる

空間デザイン.net|空間ディスプレイとインテリアのための情報サイト

空間デザイン資格の徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kukan

空間デザインとは、ある空間においてTPOに応じた心地よさを作り出すことです。落ち着いた雰囲気の喫茶店、清澄な空気が流れる家屋、楽しさにあふれた商業施設。
いずれもそこにいる人がみな、その場所を快適に満喫できるような空間の設計がなされているのです。では、空間の設計とは何でしょうか。それは物の配置であったり、全体的な調和であったり、五感で感じるすべてであると思います。価値観が多様化する現代では、様々な空間を作り上げることのできる空間デザインの資格が人気です。
この機会に空間設計のエキスパートを目指してみませんか。人気の空間デザイン資格をご紹介します。

① 空間ディスプレイデザイナー

ショッピングモールなどで買い物をしていると目に入ってくるのが、ショーウインドウなどのディスプレイですね。きれいに陳列された服や料理に魅入ってしまい、そのままお店に入って購入してしまった、という経験がある方もいるでしょう。ディスプレイは見る者にその魅力を十分に伝えて購入後の自分をイメージさせる、ある種の魔法のようなものです。
空間ディスプレイデザイナーとは、こうしたディスプレイの設計を行うプロフェッショナルです。商品の配置はもちろん、照明や配色など実に細かいところまで気を配って、魅力を最大限にアピールすることがお仕事です。そのために、空間デザインの基礎的な知識とその応用術、つまり見せ方というものを極める必要があるでしょう。
試験は1級と2級に分かれており、1級ではより高度で総合的に空間を俯瞰していく視点が求められます。いきなり1級を受験することも可能です。2級からじっくりと着実に力をつけたい方、猛勉強をしてすぐに1級に挑戦したい方など自分の好みで受験することができる、幅の広い資格です。

② 住空間収納プランナー

住空間収納プランナーとは、住まいの空間に特化して空間デザインを手がける能力を認められた人に与えられる資格です。
住空間を検討する際には、そこに住む人やそこにあるモノ、空間をじっくりと吟味し、考えていく必要があります。そのため、空間デザインの基礎的な知識や技術はもちろんですが、住環境に特化した専門知識や依頼者の要望をヒアリングするコミュニケーション能力、要望を実現するための分析力と提案力が求められる仕事でもあります。
資格取得にあたってはコースが3種類に分かれており、入門者はベーシックコースから始めることになります。受講スタイルも選択できるので、自分に合った学習を進めることができるでしょう。

③ TALK食空間コーディネーター

ただ栄養を摂取するために食事する、といった人はほとんどいないのではないではないでしょうか。家庭の食卓には家族の団らんがあり、荘厳な食事会は儀式的な意味合いを持ち、結婚記念日や誕生日などの祝い事にはその一日を特別な日にするように、それぞれの意味がそれぞれの食事にあるものです。食文化と称され文化のひとつとされる食は、豊かな人生を歩むうえでとても大切なものです。
TALK食空間コーディネーターとは、こうした食における空間を快適に過ごせるようにプロデュースする職人です。料理やカトラリー、装飾品などの基本的な知識とその実践力が必要とされます。
資格取得後は、レストランなどの現場で活かしたり、スクールでの講師活動が行えるほか、ご自宅のお食事にも役立てることができます。

④ 空間プランナー

インテリアの知識を活かし、快適な空間を作り上げることができるのが空間プランナーです。
理想的な空間をコンサルティングするため、インテリア商品や販売、情報などの知識やレイアウトのノウハウなどを学びます。
住宅メーカーやインテリア業界で働く人に特におすすめの資格です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法

    空間デザインを独学で勉強する方法

  2. kukan

    空間デザインとは

おすすめ記事

  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. 空間デザイン資格の徹底比較!
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. ベッドの大きさ別のサイズ表
  3. kukan
  1. 空間デザインを独学で勉強する方法
  2. ベッドのサイズ表とそれぞれの特徴
  3. 空間デザイン資格の徹底比較!
ページ上部へ戻る